FUNDINNOがキャンペーンを実施中!!

投資家登録で1,000円相当のアマギフ全プレ

イークラウド
基本情報

株式投資型クラウドファンディングの手数料は?? サービスごとの比較まとめ

commission-eyecatch

株式投資型クラウドファディングでは投資家、募集企業それぞれに手数料がかかる場合があります。

今回はそれぞれにどんな手数料があり、どのくらいの手数料が必要になるのかを紹介していきたいと思います。

それぞれの立場でどのような手数料が必要になっているのかしっかりと理解しておきましょう。

またエンジェルバンクとGEMSEEに関してはサービスが開始していませんので全て不明と記載してあります。

判明次第、修正させていただきます。

株式投資型クラウドファディングにおける投資家の手数料

まずは投資家側の手数用から紹介していきます。

投資家登録費用

各サービスにおける投資家登録費用は下記の通り。

FUNDINNO 無料
ユニコーン 無料
GoAngel 無料
エンジェルバンク 不明
GEMSEE 無料

全サービス、無料となっています。

維持費も無料ですので投資家として登録しておくだけならばランニングコストは一切かかりません。

出資時の手数料

投資家は出資するときにプラットフォーム側に手数料を支払う必要があります。

各プラットフォームでの手数料は下記の通りです。

FUNDINNO 無料
ユニコーン 無料
GoAngel 1株につき5,000円ほど
エンジェルバンク 不明
GEMSEE 無料

手数料無料のプラットフォームがほとんどです。

唯一、手数料が必要になるのがGoAngel。

こちらは銘柄によって変わってきますが1株につき5,000円ほどの手数料が必要になってきます。

プラットフォーム側に支払う金額は「出資額 + 手数料」となりますので注意しましょう。

振込手数料

出資金額を振込するときに支払う振込手数料も投資家が負担しなければいけません。

手数料は利用する金融機関によって変わってきます。

下記の金融機関ならば所定回数振込手数料が無料ですので、0円にすることが可能です。

  • 住信SBIネット銀行
  • 新生銀行
  • GMOあおぞらネット銀行

また、振込先と同じ金融機関から振り込むことでも手数料の節約ができます。

株式投資型クラウドファディングにおける企業側の手数料

続いて企業側の手数料を見て行きましょう。

審査手数料

資金調達する前に各プラットフォーム側で審査があります。

この審査にも手数料を支払わなければなりません。

FUNDINNO 10.8万円
ユニコーン 無料
GoAngel 50万円〜200万円
エンジェルバンク 不明
GEMSEE 不明

最も高いのはGoAngelです。

こちらは審査料だけでなく、IRの動画や公認会計士や税理士に支払う株価算定費用も含まれているからです。

ユニコーンは無料となっています。

FUNDINNOでは審査料の他に審査に掛かる実費も上限を100万円として負担しなければなりません。

しかし、審査を通過した場合は免除されます。

また、システム及びサポート機能利用料として毎月5.4万円が別途必要になります。(1年間は無料)

資金調達時の成約手数料

企業側は資金調達に成功した際、成功報酬としてプラットフォーム側に手数料を支払う必要があります。

手数料は資金調達額に一定の割合を乗じた金額。

各プラットフォームの手数料をまとめました。(税込みです)

FUNDINNO 21.6%
ユニコーン 21.6%
GoAngel 10%
エンジェルバンク 不明
GEMSEE 不明

1番成約手数料が低いのはGoAngelです。

これには理由があって上記でもいったように投資家が手数料を支払っているからです。

投資家は当然ですが手数料を支払うことを嫌がりますので、資金が集まりにくくなります。

募集手数料が安い = メリットとは限りません。

他のプラットフォームではほぼ20%前後の手数料がかかります。

また、FUNDINNOでは2回目以降の場合は16.2%と5%ディスカウントされます。

最後に

プラットフォーム各社で手数料体系は異なります。

投資家は基本的にGoAngel以外ならば気にするのは振込手数料だけです。

一方、企業側を見るとプラットフォームで一長一短があると言えるでしょう。

総合的に見るとユニコーンの手数料体系が最もシンプルに作られています。

完全成功報酬なので企業側はファイナンスが失敗した場合の金銭的リスクがありません。

ただし、株主優待を1年に1回必ず提供しなければいけないなどの制約があります。

追加のコストがかかる可能性があることは頭にいれておきたいところです。

また、企業にとっては手数料だけでなく資金調達後のバックアップも非常に大事になってきます。

プラットフォームを選ぶ際は様々な角度から総合的に判断するようにしましょう。

ファンディーノに投資家登録でアマゾンギフト券1,000円が貰える

日本最大手のファンディーノが4周年記念キャンペーンを行なっています。

投資家登録でamazonギフト券1,000円相当をプレゼント中。

10/30までの期間限定キャンペーンです。

FUNDINNOを今すぐチェック

RELATED POST
口座開設でアマギフ1,000円分プレゼント中!!
ファンディーノを今すぐチェック
口座開設でアマギフ1,000円分プレゼント中!!
ファンディーノを今すぐチェック