【プロが厳選した案件にエンジェル投資ができる】

イークラウドのキャンペーン2021年4月
企業

【データと評価】ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントがファンディーノで株式投資型クラウドファンディングを開始!!

株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントがFUNDINNO(ファンディーノ)で株式投資型クラウドファンディングを実施します。

この記事では時価総額や株価、資金調達、株式投資型クラウドファンディング時のデータをまとめました。

ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントを今すぐチェック

株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントとは??

ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントのイメージ画像
会社名 株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメント
代表者氏名 谷口泰央
本店所在地 東京都三鷹市深大寺二丁目24番8号
資本金 5,000,000円(2021年1月25日現在)
発行済株式総数 500株(2021年1月25日現在)
発行可能株式総数 1,000株
設立日 2020年2月25日
事業内容 発展途上国の農業向けに提供するためのデジタルプラットフォームの開発
決算日 3月31日

株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントは発展途上国の農業向けに提供するためのデジタルプラットフォームを開発している企業です。

農家に対する資金の貸付や農作物の流通、与信管理や価格調査・予測を行う専門技術をAIを活用してデジタル化しています。

ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントのサービス画像

与信管理においてAIを利用し、農家の方の出荷量、生育状況や取引実績等をもとにスコアの様なものを算出し、自動で貸付が可能かどうかの審査を行います。

ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントのスキーム画像

現在は200%〜300%の金利で融資を受けていますが、このシステムを構築することで20%ほどに抑えることができます。

AIに天候データや価格推移データを学習させることで、作物の適正価格を算出。

この予測価格に基づいて弊社が農家から直接農作物を買い取ったり、適正価格で買い取ってくれる小売店とマッチングしたりといった、流通支援がデジタル上で可能となります。

現在はフィリピンで実証実験を行いながら、AIの学習データ収集および機械学習を行なっています。

株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントのビジネスモデルやマネタイズ

ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントのビジネスモデルの画像

ビジネスモデルは上記の通りです。

将来的にはAIによる与信管理や価格予測もアプリに統合し、「融資の申し込み」「農作物の買い取り依頼や小売店との交渉」「ライドシェアによる輸送の手配」をすべてアプリ上で管理することを目指しています。

マネタイズとしては融資金額の金利と作物販売による手数料の二つです。

ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントのマネタイズ画像

株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントの代表取締役

ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントのCEO画像

株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントの代表取締役は谷口泰央氏です。

経歴は下記の通りです。

1998年 住友銀行(現三井住友銀行)入行し、デリバティブの商品開発に従事。システム開発や関連する銀行業務全般の開発を手掛けた後、投資銀行統括部にて金融関連新規業務開発全般に従事。イスラム金融、不動産デリバティブ、新規トレーディング手法等開発

2013年 アジア投資銀行営業部(シンガポール)にて、アジアにおける投資家とのリレーションを用いた業務を立ち上げ

2016年 信託部にて審査グループのヘッドとして信託業務の審査の他、信託の活用を推進。特に邦銀初の担保付銀行社債「カバードボンド」開発、発行を推進。上席推進役として新規業務開発に従事する中で弊社ビジネスを着想し起業

1998年 東京大学大学院数理科学研究所(数学専攻 修士)修了

2010年 首都大学東京経営学部(MBA)修了

2020年 合同会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメント 設立

2021年 株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメント 組織変更

※FUNDINNOより引用

株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントの業績

前期決算期末(2020年3月31日)における純資産は94千円、売上は0円です。

直近試算表(2021年3月31日)における純資産は4,770千円、売上は0円です。

株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントにおける株式投資型クラウドファンディングのデータ

株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントにおける株式投資型クラウドファンディング時のデータをまとめました。

1回目

申込期間 2021年4月27日~2021年4月29日
1個あたりの払込金額 10,000円
目標金額 1,008万円
上限金額 3,006万円
資金調達額 -万円
出資者数 -人
上限転換価額 約3.0億円(1株あたり600,000円)
結果

新株予約権型で株式投資型クラウドファンディングを実施しました。

投資コースは下記の5コースが用意されていました。

  • 90,000円コース (9個)
  • 180,000円コース (18個)
  • 270,000円コース (27個)
  • 360,000円コース (36個)
  • 450,000円コース (45個)

第一回目の資金調達における資金使途は下記の通りです。

  • 開発人件費
  • 管理人件費
  • 営業貸付金
  • JCCへの手数料

株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントの株主やプロ投資家

判明している株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントの株主構成は下記の通りです。

  • 谷口泰央

上記以外にも株主が存在している可能性があります。

株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントの株主優待

株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントでは株主優待が設けられていません。

株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントのエンジェル税制

株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントが株式投資型クラウドファンディングを利用した時点でのエンジェル税制の適用有無をまとめました。

資金調達1回目時

FUNDINNOで株式投資型クラウドファンディングを行った際は新株予約権方式での募集だったことからエンジェル税制は適用されませんでした。

株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントのマイルストーン

ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントのマイルストーン画像

株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントにおけるマイルストーンは上記の通りです。

2022年は1,400万円ほどの売上を見込んでいます。

2025年から売上を加速させていき、最終的には2028年に売上を34.5億円まで伸ばしてからIPOによるイグジットを目指しています。

  • 2022年→コマーシャル活動・事業拡大
  • 2022年 →国際特許取得完了
  • 2024年 →他の東南アジア、アフリカへ横展開

KPIは下記を設定しています。

  • 借入人数

目標推移がこちらです。

ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントのKPI画像

投資家の投資スタンス

まとめ

株式会社ロングターム・インダストリアル・ディベロップメントのデータをまとめました。

市場規模
ビジネスモデル
業績
ライバル
プロ投資家
チーム力

FUNDINNOを今すぐチェック

ベンチャー投資するなら業界最大手のファンディーノ!!
fundinno-top1

FUNDINNOは国内最大手のECFプラットフォーム。

案件数が多く、数社のイグジット実績があります。

これからベンチャー投資する上で必須のサービスです。

FUNDINNOを今すぐチェック

RELATED POST
日本最大級のECFプラットフォーム!!
ファンディーノを今すぐチェック
日本最大級のECFプラットフォーム!!
ファンディーノを今すぐチェック