イークラウドがキャンペーンを実施中!!

投資家登録で1,000円相当のアマギフ全プレ

イークラウドの新規投資家向けキャンペーンの画像
企業

【データと評価】ロボット応用ジャパンがFUNDINNOで株式投資型クラウドファンディングを開始!!

株式会社ロボット応用ジャパンがFUNDINNO(ファンディーノ)で株式投資型クラウドファンディングを実施します。

この記事では開始時のデータをまとめました。

ロボット応用ジャパンを今すぐチェック

株式会社ロボット応用ジャパンの詳細

応用ロボットジャパンのイメージ画像
会社名 株式会社ロボット応用ジャパン
代表者氏名 董麗萍
本店所在地 千葉県船橋市北本町一丁目17番25-215号
設立日 2019年6月5日
資本金 18,090,000円(2020/8/11現在)
発行済株式総数 1,362株
発行可能株式総数 12,000株
時価総額 1.36億円
エンジェル税制 優遇措置A
事業内容 生産ラインにおける自動化システムの企画設計

株式会社ロボット応用ジャパンは生産ラインを効率化するための自動化システムを企画設計している企業です。

中小企業特有の小スペースにおける導入を得意としており、食品、医薬品、化粧品の物流業界をメインターゲットにしています。

汎用性の高いシステムを短期間、低コストで導入することができます。

そして、今後は中古自動化装置を扱う予定です。

自社でメンテナンスを行い、新しい現場に導入することを予定しています。

企業にとっては新品と比較すると安価に導入できるメリットがあります。

また、事業概要がわかりにくいこともありYouTubeでの発信も予定しています。

ビジネスモデル

ロボット応用ジャパンのビジネスモデルの画像

企業に自動化システムを導入することで利益を得ています。

株式会社ロボット応用ジャパンの代表取締役

ロボット応用ジャパンのCEO画像

株式会社ロボット応用ジャパンの代表取締役は董麗萍氏です。

経歴は下記の通りです。

1978年1月15日生まれ

2004年 日本語1級資格を取得

2005年 東証一部上場の某IT会社の中国拠点にて、日本メーカーの通信機器の第三者検証サービスのプロジェクトリーダーとして日中間のプロジェクト推進と管理を経験

2010年 同会社にて、Microsoft社のDynamicsAXという基幹システムの営業を担当し、顧客の新規開拓及びマーケティングを担当

2014年 某IT商社にて、ロボット自動化ソリューション営業としてロボットSIerパートナーの新規開拓や「省人化・省力化」の自動化提案を担当

2016年 某大手ロボットメーカーに出向してロボット営業を担当

2019年 株式会社ロボット応用ジャパンを創業

株式投資型クラウドファンディングの詳細

株式投資型クラウドファンディングで資金調達した際の詳細を紹介します。

投資コース

株式会社ロボット応用ジャパンは普通株式方式での株式投資型クラウドファンディングです。

投資コースは下記から選択が可能です。

  • 100,000円コース (1株)
  • 300,000円コース (3株)
  • 500,000円コース (5株)

申込期間は2020年9月12日〜2020年9月14日です。

エンジェル税制優遇措置Aが適用される予定です。

資金調達額と資金使途

FUNDINNOで行われる株式投資型クラウドファンディングの目標金額と上限金額は下記の通りです。

目標金額 10,000,000円
上限金額 40,000,000円

資金使途をまとめます。

  • 追加研究開発費
  • 追加デモ機製作費
  • 新規人件費
  • 特許取得費
  • 広告宣伝費
  • 地代家賃
  • JCCヘの手数料

株式会社ロボット応用ジャパンのECF結果

株式会社ロボット応用ジャパンの株式投資型クラウドファンディングの結果は判明しだいこちらに追記します。

最終募集額 3,980万円
結果 成功

株式会社ロボット応用ジャパンに出資している投資家

株式会社ロボット応用ジャパンにはエンジェル投資家が出資しているようです。

株式会社ロボット応用ジャパンのイグジット戦略

ロボット応用ジャパンのマイルストーン画像

株式会社ロボット応用ジャパンは2025年の4月以降に売上高を17.08億円まで伸ばし、その後のIPOを目指しています。

  • 2020年→ 総案件数20件を突破
  • 2021年 → オリジナル自動化システムのドキュメント化
  • 2022年 → 中古ロボット装置販売及びアフターサービスの提供研究開発
  • 2023年 → 中国市場への参入、ネット販売サービスの提供
  • 2024年 → 健康経営に取り組む企業とその社員を繋ぐ「tec・bコミュニティ」の実現を計画

KPIは自動化装置の年間案件数とロボットハンド、簡易治具を設定しています。

株式会社ロボット応用ジャパンの資金調達状況とバリュエーション

株式会社ロボット応用ジャパンの資金調達状況をまとめました。

バリュエーションや発行価格は推測となります。

設立

発行済株式総数 200株
発行価格 約50,000円
時価総額 999万円

平成31年の4月に会社を設立しました。

令和2年の2月に1:6の割合で分割しています。

これにより発行価格は約8,333円になりました。

1回目の資金調達

1回目の資金調達はFUNDINNO(ファンディーノ)で実施しました。

時期 令和2年4月
発行価格 100,000円
資金調達額 1,620万円
出資者数 不明
新規発行株数 162株
発行済株式総数 1,362株
資本金 1,809万円
プレバリュー 1.20億円
ポストバリュー 1.89億円

まとめ

株式会社ロボット応用ジャパンのデータをまとめました。

調達規模
市場規模
業績
ライバル
プロ投資家
チーム力

FUNDINNOを今すぐチェック

ユニコーンに投資家登録でアマゾンギフト券1,000円が貰える
ユニコーンのキャンペーン画像

ユニコーンでが秋の新規会員登録キャンペーンを行なっています。

投資家登録でamazonギフト券1,000円相当をプレゼント中。

12/31までの期間限定キャンペーンですのでお見逃しなく!!

ユニコーンを今すぐチェック

RELATED POST
日本最大級のECFプラットフォーム!!
ファンディーノを今すぐチェック
日本最大級のECFプラットフォーム!!
ファンディーノを今すぐチェック