イークラウドがキャンペーンを実施中!!

投資家登録で1,000円相当のアマギフ全プレ

イークラウドの新規投資家向けキャンペーンの画像
企業

JAM(ジャム)の資金調達状況やバリュエーション、株主構成のまとめ

jam-eyecatch

株式投資型クラウドファンディングで資金調達を実施したJAM(ジャム)。

今回はこのJAMにおける資金調達状況や株主構成、現在のバリュエーションなどを紹介していきます。

JAM(ジャム)とは??

会社名 株式会社JAM
代表者氏名 山川正則
本店所在地 大阪市北区豊崎6-6-23 北大阪印刷センタービル1階
電話番号 06-6485-2602
資本金 30,000,000円(平成29年6月16日現在)
発行済株式総数 1,200,000株(平成29年6月16日現在)
発行可能株式総数 10,000,000株(平成29年11月1日現在)
設立日 平成19年7月23日
目的 ・印刷及び出版業
・印刷物のデザイン版下並びに企画、製作
・広告、宣伝及びその企画制作業務
・情報宣伝媒体の期悪立案及び販売
・各種イベント、キャンペーン等販売促進に関する行事、催事の企画立案、運営
・広告宣伝用の贈答品、記念品の販売
・新商品に関する開発、企画立案及び販売
・コンピューター及び周辺機器の製造、販売、保守、管理
・コンピューターネットワークシステム及びソフトウェアの企画、設計、開発、販売、保守業務並びにコンピューターのインターネット接続代行業務
・パソコン教室の経営
・労働者派遣法に基づく一般労働者派遣事業、特定労働者派遣事業
・衣料品・衣料雑貨品・日用雑貨品・事務用品・食料品・飲料品の卸小売業及び販売
・生命保険募集業務及び損害保険代理業
・上記各号に附帯関連する一切の業務
決算日 9月30日

JAM(ジャム)はシルクスクリーン印刷を手がけている会社です。

誰でも簡単にシルクスクリーン印刷ができるSURIMACCAというキットを販売しています。

surimacca-2

様々なサイズバリエーションがあり、パーツを購入していけば様々なサイズの印刷が可能です。

SURUTOCOという作業場も展開しており、こちらでは実際にシルクスクリーンを体験できます。

現在はシルクスクリーン印刷を体験できるフランチャイズ店も国内で増えて来ており、香港などへの海外進出も計画しています。

JAM(ジャム)の資金調達状況

JAM(ジャム)の資金調達状況は下記の通り。

1回目の資金調達

1回目の資金調達はFUNDINNOで行われました。

調達日程や目標金額、資金調達額は下記の通り。

申込期間 平成29年6月16日~平成29年6月17日
発行価格 250円
目標金額 2,000万円
上限金額 3,300万円
資金調達額 3,070万円
出資者数 223人
新規発行株数 122,800株

目標金額は2,000万円で上限は3,300万円という設定で資金調達をしました。

しかし、キャンセルや入金遅れの影響からか最終的には230万円少ない3,070万円となっています。

2回目の資金調達

2回目の資金調達もFUNDINNO(ファンディーノ)で行われましたが失敗に終わりました。

3回目の資金調達

3回目の資金調達もFUNDINNO(ファンディーノ)で行われましたが失敗に終わりました。

JAM(ジャム)のバリュエーション

JAM(ジャム)の各ファイナンス時におけるバリュエーションをまとめています。

資金調達1回目時のバリュエーション

発行済株式総数 1,200,000株
発行価格 250円
資金調達額 3,070万円
プレバリュー 3億
ポストバリュー 3億3,070万円

JAM(ジャム)の株主やプロ投資家

判明しているJAM(ジャム)の株主やプロ投資家です。

  • FUNDINNOの個人投資家
  • 山川正則(CEO)

わかり次第追記していきます。

JAM(ジャム)の株主優待

JAM(ジャム)では現在、株主優待を実施していません。

JAM(ジャム)のマイルストーン

JAM(ジャム)の進展状況

資金調達後におけるJAM(ジャム)の進展状況です。

平成29年6月 3,070万円を資金調達
平成29年11月 直営店のSRUTOCO(スルトコ)を東京にオープン
平成29年12月 2回目の資金調達に失敗
平成30年1月 FC展開を開始
平成30年8月 FC店を含め全国に14店舗を展開
平成31年3月 3回目の資金調達に失敗

2回目と3回目のファイナンスに失敗しましたが、フランチャイズの店舗数は順調に拡大しており、海外展開も視野に入っています。

JAM(ジャム)のまとめ

FUNDINNOで2回目に資金調達した企業ではありますが、その後のファイナンスは残念ながら不成立となってしまいました。

残念ながら今後の資金調達も厳しいと言わざる終えません。

シルクスクリーンという事業的にも急激にスケールすることは難しいため、エグジットはずれ込む可能性が高いです。

国内での店舗数増加、さらには海外展開の成功が大きな鍵を握っているでしょう。

ユニコーンに投資家登録でアマゾンギフト券1,000円が貰える
ユニコーンのキャンペーン画像

ユニコーンでが秋の新規会員登録キャンペーンを行なっています。

投資家登録でamazonギフト券1,000円相当をプレゼント中。

12/31までの期間限定キャンペーンですのでお見逃しなく!!

ユニコーンを今すぐチェック

RELATED POST
日本最大級のECFプラットフォーム!!
ファンディーノを今すぐチェック
日本最大級のECFプラットフォーム!!
ファンディーノを今すぐチェック