イークラウドが投資家登録開始!!

第一号案件を募集中!!

イークラウド
企業

KOTOBUKI Medical株式会社の資金調達状況やバリュエーション、株主構成のまとめ

kotobukimedicalのアイキャッチ画像

株式投資型クラウドファンディングの「FUNDINNO(ファンディーノ)」で資金調達に挑戦したKOTOBUKI Medical株式会社。

今回はこのKOTOBUKI Medical株式会社における資金調達状況や株主構成、現在のバリュエーションなどを紹介していきます。

KOTOBUKI Medical株式会社とは??

会社名 KOTOBUKI Medical株式会社
代表者氏名 高山成一郎
本店所在地 埼玉県八潮市浮塚190番地2
設立日 2018年11月1日
事業内容 模擬臓器の開発・販売

KOTOBUKI Medical株式会社は手術トレーニング製品の企画開発・製造している企業です。

手術用のトレーニング機器と手術トレーニング用模擬臓器「VTT(Versatile Training Tissue)」を開発しています。

kotobukimedicalのVVT画像

VVTはコンニャク粉を主成分とした革新的な医療トレーニング用模擬臓器で、人体組織によく似た触感と強度、伸縮性を持ちます。

さらに高温にも耐えられるため、電気メス、超音波メスといったエネルギーデバイス、鉗子操作や縫合にも対応が可能です。

KOTOBUKI Medical株式会社のビジネスモデル

kotobukimedicalのビジネスモデル

KOTOBUKI Medical株式会社のビジネスモデルは上記の通り。

模造臓器であるVTT、トレーニング機器を病院や大学、企業に販売して収益を得ます。

非常にシンプルなビジネスモデルです。

KOTOBUKI Medical株式会社の代表取締役

kotobukimedicalのCEOの画像

KOTOBUKI Medical株式会社の代表取締役は高山成一郎氏です。

経歴は下記の通り。

1968年生まれ

国立室蘭工業大学機械工学科在学中に父が倒れて大学を中退し、家業である株式会社寿技研に入社。

以後、設計、自動機製作、金型、制御、プログラム、生産管理など幅広く経験を積み現在は製品開発に活かす。

2005年4月 株式会社寿技研代表取締役就任

2012年より手術トレーニング事業開始し、渋沢栄一ビジネス大賞、ぐん銀ビジネスサポート大賞、医療機器等試作品コンテスト、他多数受賞

2016~19年  千葉大学フロンティア医工学センター特別研究員

2018年11月 梅本/杉浦とKOTOBUKI Medical 株式会社設立

KOTOBUKI Medical株式会社の資金調達状況とバリュエーション

KOTOBUKI Medical株式会社の資金調達状況をまとめました。

バリュエーションや発行価格は推測となります。

設立

発行済株式総数 5,000株
発行価格 1,000円
時価総額 500万円

平成30年の11月に会社を設立しました。

1回目の資金調達

1回目はFUNDINNO(ファンディーノ)で資金調達をしました。

時期 令和1年6月
発行価格 100,000円
資金調達額 8,930万円
出資者数 591人
新規発行株数 893株
発行済株式総数 5,893株
資本金 4,965万円
プレバリュー 5.0億円
ポストバリュー 5.89億円

発行価格は100倍の10万円です。

目標金額は2,500万円で上限金額は9,000万円。

人気化したことから8,930万円の調達に成功しました。

この数字は国内におけるECFであつめた最高額です。

2回目の資金調達

2回目下記の条件で第資金調達を実施しました

時期 令和1年10月
発行価格 100,000円
資金調達額 3,000万円
出資者数 1人
新規発行株数 300株
発行済株式総数 6,193株
資本金 6,465万円
プレバリュー 5.89億円
ポストバリュー 6.19億円

発行価格は10万円と変更はありません。

初めてA種種類株での発行です。

出資者はぐんま医工連携活性化ファンドです。

その時のリリースがこちらです。

KOTOBUKI Medical株式会社の株主やプロ投資家

判明しているKOTOBUKI Medical株式会社の株主やプロ投資家です。

  • 高山成一郎(CEO)
  • ぐんま医工連携活性化ファンド
  • FUNDINNOのエンジェル投資家

株式投資型クラウドファンディング実施後にVCから資金調達しています。

KOTOBUKI Medical株式会社の株主優待

株主優待はありません。

KOTOBUKI Medical株式会社のエンジェル税制

ECF投資家にエンジェル税制Aが適用されました。

KOTOBUKI Medical株式会社のマイルストーン

まずはスタッフの増員し研究開発体制の拡充を急ぎます。

2020年には新製品をローンチし、量産体制に向けたVTT専用工場を建設。

2021年には海外進出をし、2022年には大量生産が可能な工場の親切と各部門の体制を整えます。

2024年の9月に売上高19億円を達成させた後でIPOを目指す予定です。

KOTOBUKI Medical株式会社の進展状況

KOTOBUKI Medical株式会社の進展状況です。

2018年11月 KOTOBUKI Medical株式会社を設立
2019年06月 FUNDINNOで資金調達
2019年10月 ぐんま医工連携活性化ファンドから資金調達
2020年1月 ESDトレーニング用VTTの販売を開始

KOTOBUKI Medical株式会社の決算広告

KOTOBUKI Medical株式会社の決算広告がわかり次第こちらに追記していきます。

KOTOBUKI Medical株式会社のまとめ

トレーニング用機器や模造臓器の新製品が次々と発売されており、ラインナップが拡充されています。

VVTが欧州で特許を取得するなど、今後は海外進出にも期待ができるでしょう。

現時点では資金調達も順調です。

また、テルモ株式会社元代表取締役会長の中尾浩治氏が顧問、さらに自治医科大学教授、メディカルシミュレーションセンター・センター長の川平洋氏がアドバイザーに加わるなど、チームのレベルも上がっています。

新型コロナを追い風にできる業種なだけに今後の成長に期待です。

イークラウドが始動!! 第一号案件「地元カンパニー」の募集を開始!!

プロが目利きした案件にベンチャー投資できるイークラウドが第一号案件である地元カンパニーのクラウドファンディングをスタートさせました。

申込期間は7/28〜8/26まで。

10万円からベンチャー投資ができます!!

イークラウドの公式サイト

RELATED POST