イークラウドが投資家登録開始!!

第一号案件を募集中!!

イークラウド
企業

MedVigilance株式会社の資金調達状況やバリュエーション、株主構成のまとめ

メドヴィジュランスのアイキャッチ画像

株式投資型クラウドファンディングの「FUNDINNO(ファンディーノ)」で資金調達に挑戦したMedVigilance株式会社。

今回はこのMedVigilance株式会社における資金調達状況や株主構成、現在のバリュエーションなどを紹介していきます。

MedVigilance株式会社は??

medvigilanceのロゴ
会社名 MedVigilance株式会社
代表者氏名 耿聡
本店所在地 東京都港区芝浦3-3-6 キャンパス・イノベーションセンター 506号室
設立日 2015年8月10日
事業内容 IoT、ウェアラブル端末の開発

MedVigilance株式会社はIoT機器、ウェアラブル端末を開発・販売している会社です。

主なプロダクトは下記の5つ。

  • LanceBand
  • LanceBand2
  • LanceGate
  • Pulstone
  • Lancesonic

LanceBandは腕時計型の「データ駆動型連動ウェアラブルデバイス」で毎日のフィットネスデータやバイタルデータを手首で簡単に測定できます。

Pulstoneは筋肉の相対的な強さをグラフとして可視化し、効率的な運動の提案をする機器。

筋トレやVRフィットネスの活用も可能です。

LanceGateは顔認証や体温測定ができる装置です。

MedVigilance株式会社の代表取締役

メドヴィジュランス 社長の画像

MedVigilance株式会社の代表取締役は耿聡氏です。

経歴は下記の通り。

2007年 東京工業大学 入学

2013年 アクセンチュア株式会社 入社 経営コンサルタント(製薬会社、自動車メーカのIT化、資金調達、業務プロセス改善案件多数経験)

2015年 MedVigilance株式会社 設立

MedVigilance株式会社の資金調達状況とバリュエーション

MedVigilance株式会社の資金調達状況をまとめました。

バリュエーションや発行価格は推測となります。

設立

平成27年の8月に設立しました。

登記簿に設立時の資本金は書かれていません。

1回目の資金調達

1回目は下記の条件で第資金調達を実施しました。

時期 平成28年12月
発行価格 -円
資金調達額 不明
出資者数 不明
新規発行株数 不明
発行済株式総数 1,400株
資本金 1,400万円
プレバリュー -万円
ポストバリュー -万円

2回目の資金調達

2回目の資金調達は下記の条件で実施しました。

時期 平成29年3月
発行価格 10,000円
資金調達額 100万円
出資者数 不明
新規発行株数 100株
発行済株式総数 1,500株
資本金 1,500万円
プレバリュー 1,400万円
ポストバリュー 1,500万円

平成30年1月に1:1,000の割合で株式分割を行いっています。

これにより発行価格は10円になりました。

3回目の資金調達

3回目はFUNDINNO(ファンディーノ)で行われました。

時期 平成30年4月
発行価格 250円
資金調達額 4,337.5万円
出資者数 260人
新規発行株数 17万3,500株
発行済株式総数 167万3,500株
資本金 3,668万7,500円
プレバリュー 3.75億円
ポストバリュー 4.18億円

目標金額は2,400万円で上限は6,000万円という設定で資金調達にチャレンジ。

人気化したため上限の4,337.5万円を集めました。

発行価格は250円と25倍にアップしています。

4回目の資金調達

4回目は下記の条件で第三者割当増資による資金調達を実施しました。

時期 令和2年2月
発行価格 250円
資金調達額 1,050万円
出資者数 不明
新規発行株数 42,000株
発行済株式総数 164万4,410株
資本金 4,193万7500円
プレバリュー 4.18億円
ポストバリュー 4.28億円

3回目に資金調達した時と発行価格は変わっていません。

MedVigilance株式会社の株主やプロ投資家

判明しているMedVigilance株式会社の株主やプロ投資家です。

  • 耿聡(CEO)
  • FUNDINNOのエンジェル投資家

MedVigilance株式会社の株主優待

株主優待はありません。

MedVigilance株式会社のエンジェル税制

投資家にエンジェル税制は適用されませんでした。

MedVigilance株式会社のマイルストーン

MedVigilanceのマイルストーン

まずはフィットネスジム向けにパッケージ提供を目指します。

その後量産化と低価格化に着手。

2020年からはフィットネスマシンとPULSTONEを融合させた「TESLA」マシンを作成します。

2021年に蓄積したデータを提供するサービスを開始。

2022年の7月までに売上高37億円を達成しIPOを目指します。

MedVigilance株式会社の進展状況

MedVigilance株式会社の進展状況です。

2015年8月 MedVigilance株式会社を設立
2018年02月 FUNDINNOで資金調達

MedVigilance株式会社の業績

MedVigilance株式会社の業績は下記のページに電子広告により行うとされています。

MedVigilance株式会社の決算広告

MedVigilance株式会社のまとめ

MedVigilance株式会社はハードウェアをいくつか作成していますが、今後はPULSTONEを利用したフィットネス、VRサービスの展開を予定しています。

また新型コロナ対策としてPULSGATEの発売も予定と柔軟な経営をしている印象です。

資金調達に関してはFUNDINNO後に一度行なっていますが、大型調達はまだ行なっていません。

今後スケールするためには追加の資金調達を行い、資本力を強化しつつ、事業者との協業が必要になってくるでしょう。

イークラウドが始動!! 第一号案件「地元カンパニー」の募集を開始!!

プロが目利きした案件にベンチャー投資できるイークラウドが第一号案件である地元カンパニーのクラウドファンディングをスタートさせました。

申込期間は7/28〜8/26まで。

10万円からベンチャー投資ができます!!

イークラウドの公式サイト

RELATED POST