イークラウドが投資家登録開始!!

7月に第一号案件をリリース予定!!

イークラウド
企業

SMADONA株式会社の資金調達状況やバリュエーション、株主構成のまとめ

株式投資型クラウドファンディングの「FUNDINNO(ファンディーノ)」で資金調達に挑戦したSMADONA株式会社。

今回はこのSMADONA株式会社における資金調達状況や株主構成、現在のバリュエーションなどを紹介していきます。

SMADONA株式会社とは??

会社名 SMADONA株式会社
代表者氏名 長崎幹広
本店所在地 東京都渋谷区神宮前二丁目4番20号
設立日 2017年9月1日
事業内容 アートプラットフォーム「STRAYM」の運営

SMADONA株式会社はアートプラットフォーム「STRAYM」の運営をしています。

STRAYM(ストレイム)では有名アーティストの作品が100円単位で購入ができ、分割保有できるプラットフォームです。

オーナー権はブロックチェーンを利用して管理され、マーケットを通じて売買することができます。

また、オーナー権を100%保有することで現物の作品も受け取ることが可能。

現在までにバンクシーやアンディーウォーホールなど、世界的に有名なアーティストの作品を取り扱っています。

SMADONA株式会社のビジネスモデル

ビジネスモデルは上記の通りです。

コレクターやギャラリー、美術館、さらにはアーティスト本人から作品を提供してもらい、売却代金の10%を手数料として徴収します。

また、ユーザーからはオーナー権の売買時に5%の手数料を徴収。

出品者とユーザー、この2社からの手数料がメインの売上です。

SMADONA株式会社の代表取締役

SMADONA株式会社の代表取締役は長崎幹広氏です。

経歴は下記の通り。

1976年東京都生まれ

1998年大学卒業後、総合広告会社である株式会社旭通信社(現 ADKグループ)に新卒として入社。メディア業務に従事しながら、それまでになかった新しいテレビの活用方法や、デイビット・ベッカム日本初招聘、レアル・マドリード日本ツアーなど様々なプロモーション業務を成功に導く。

2005年 ADKグループ退社後、トップクリエイターである箭内道彦率いるクリエイティブ・エージェンシー/風とバラッドに参画し、クリエイティブを用いた課題解決に従事。

2015年4月 株式会社パープルを設立し、広告分野、PR分野のスペシャリストとして多くのクライアントの課題解決に携わる。

2017年9月 現在のSMADONA株式会社を設立。

SMADONA株式会社の資金調達状況

SMADONA株式会社の資金調達状況をまとめました。

1回目の資金調達

1回目は下記の条件で第三者割当増資による資金調達を実施しました。

時期 平成30年8月
発行価格 100円
資金調達額 200万円
出資者数 不明
新規発行株数 2万株

2回目の資金調達

2回目は下記の条件で第三者割当増資による資金調達を実施しました。

時期 平成30年12月
発行価格 8,000円
資金調達額 約500万円
出資者数 不明
新規発行株数 625株

3回目の資金調達

3回目の資金調達は下記の通りです。

時期 平成30年12月
発行価格 8,000円
資金調達額 300万円
出資者数 不明
新規発行株数 375株

4回目の資金調達

4回目の資金調達は下記の通りです。

時期 令和1年5月
発行価格 10,000円
資金調達額 500万円
出資者数 不明
新規発行株数 500株

5回目の資金調達

5回目の資金調達は下記の通りです。

時期 不明
発行価格 10,000円
資金調達額 1,000万円
出資者数 不明
新規発行株数 1,000株

6回目の資金調達

6回目の資金調達はFUNDINNO(ファンディーノ)で行われました。

申込期間 平成30年3月
発行価格 10,000円
目標金額 1,200万円
上限金額 3,500万円
資金調達額 3,220万円
出資者数 231人
新規発行株数 3,220株

目標金額は1,200万円で上限は3,500万円という設定で資金調達にチャレンジ。

上限金額を達成することはできませんでしたが、3,220万円を集めました。

SMADONA株式会社のバリュエーション

SMADONA株式会社の各ファイナンス時におけるバリュエーションをまとめています。

設立

発行済株式総数 100株
発行価格 10,000円
時価総額 100万円

平成29年の9月に会社を設立しました。

設立時の社名はスマートドネーション株式会社です。

平成30年の9月に社名を現在のSMADONA株式会社に変更しています。0.01

また平成30年の8月に100分割しました。

資金調達1回目時のバリュエーション

発行済株式総数 30,000株
発行価格 100円
資金調達額 200万円
プレバリュー 約0.01円
ポストバリュー 約0.03億円

資金調達2回目時のバリュエーション

発行済株式総数 30,625株
発行価格 8,000円
資金調達額 500万円
プレバリュー 約0.03億円
ポストバリュー 約3.06億円

資金調達3回目時のバリュエーション

発行済株式総数 31,000株
発行価格 8,000円
資金調達額 300万円
プレバリュー 約3.06億円
ポストバリュー 約3.1億円

資金調達4回目時のバリュエーション

発行済株式総数 31,500株
発行価格 10,000円
資金調達額 500万円
プレバリュー 約3.1億円
ポストバリュー 約3.15億円

資金調達5回目時のバリュエーション

発行済株式総数 32,500株
発行価格 10,000円
資金調達額 1,000万円
プレバリュー 約3.15億円
ポストバリュー 約3.25億円

資金調達6回目時のバリュエーション

発行済株式総数 35,720株
発行価格 10,000円
資金調達額 3,220万円
プレバリュー 約3.25億円
ポストバリュー 約3.57億円

SMADONA株式会社の株主やプロ投資家

判明しているSMADONA株式会社の株主やプロ投資家です。

SMADONA株式会社の株主優待

株主優待はありません。

SMADONA株式会社のエンジェル税制

エンジェル税制は適用されませんでした。

SMADONA株式会社のマイルストーン

2020年に正式版のリリースを予定しています。

2021年にはアプリ化、英語版のリリースをして世界展開。

2022年には海外拠点を開設し、2025年7月までに売上を13.7億円まで伸ばした後でIPOを目指します。

SMADONA株式会社の進展状況

SMADONA株式会社の進展状況です。

2017年9月 SMADONA株式会社を設立
2018年8月 1回目の資金調達を実施
2018年12月 2回目と3回目の資金調達を実施
2019年5月 4回目の資金調達を実施
2019年10月 STRAYMをローンチ
2020年6月 FUNDINNOで資金調達

SMADONA株式会社の業績

SMADONA株式会社の決算は下記の通りです。

第二期決算

スマドナの決算公告2期目
  • 当期純損失:208.2万円
  • 利益剰余金:-251.4万円

SMADONA株式会社のまとめ

SMADONA以外にもAND ARTという会社がアートプラットフォームを運営しています。

しかしそちらではまだオーナー権の売買ができないため、STRAYMの方が一歩リードしています。

また最低購入額もAND ARTでは1万円に対して、SMADONAでは100円ですので購入する上でのハードルも低いです。

スケールするにはユーザー数の獲得、さらには魅力的なアート作品をどれだけ出せるかにかかっていると言えるでしょう。

今後の活躍に期待です。

イークラウドが始動!! 7月に第一号案件をリリース予定!!

プロが目利きした案件にベンチャー投資できるイークラウドが投資家登録を始めました。

7月に第一号案件をリリース予定です。

イークラウドの公式サイト

RELATED POST