FUNDINNOがキャンペーンを実施中!!

投資家登録で1,000円相当のアマギフ全プレ

イークラウド
基本情報

資金調達時のバリュエーションとは?? プレバリューやポストバリューの計算方法を徹底解説!!

valuation-eyecatch

エンジェル投資をする時にスタートアップのバリュエーションを知ることは非常に重要です。

今回はバリュエーションとは?? という基本的なところから計算方法まで徹底解説していきます。

また、株式投資で使われるバリュエーションと資金調達時に使われるバリュエーションは違う意味を持ちますが今回は資金調達時におけるバリュエーションの意味について説明していきます。

バリュエーションとは時価総額のこと

バリュエーションとは時価総額のことです。

その企業にどのくらいの価値があるかを示した数字のこと。

もちろん時価総額が高ければ高いほど価値の高い魅力的な企業ということになります。

一般的に未上場企業、上場企業問わずバリュエーションはこのように求められます。

発行済株式総数 × 発行価格(株価)

上場企業の場合は発行済株式総数に株価を乗じて求めることができます。

取引所が開いている時は株価は刻一刻と変わっていきますので、それと連動して時価総額も常に変化していきます。

未上場企業の場合は流動性がないため次の資金調達が行われるまでは基本的にバリュエーションに変動はありません。

バリュエーションを計算してみよう

参考までに具体的な数字を入れて求めてみましょう。

下記のようなベンチャー企業があったとします。

  • 発行済株式総数:150,000株
  • 発行価格:10,000円

この場合のバリュエーションは下記のように求められます。

150,000株×10,000円=15億円

よってこの企業におけるバリュエーションは15億円です。

プレバリュエーションとポストバリュエーション

バリューエーションにはプレバリュエーションとポストバリュエーションもあります。

それぞれプレバリュー、ポストバリューと訳されることが多いです。

プレバリュエーションとは??

プレバリュエーションとはベンチャー企業における資金調達する前のバリュエーションのことです。

上記でバリュエーションの計算方法を紹介しましたが、ベンチャー企業においてこの計算方法はプレバリュエーションの計算方法になります。

そしてバリューエーションといえば一般的にプレバリューのことを指します。

ポストバリュエーションとは??

ポストバリュエーションとは資金調達後のバリュエーションのことを言います。

ポストバリュエーションの求め方は先ほど紹介した計算方法とは少し異なってきます。

発行済株式総数 × 発行価格(株価) + 資金調達額

資金調達した金額を加算しなければいけません。

  • 発行済株式総数:150,000株
  • 発行価格:10,000円
  • 資金調達額:1億円

この場合のポストバリュエーションは下記のように求められます。

150,000株×10,000円+1億円=16億円

単純にプレバリューに資金調達学を合わせればすぐに計算が可能です。

バリュエーションのまとめ

バリュエーションは意味さえ理解してしまえば難しいものではありません。

計算方法も誰でも簡単にできるはずです。

バリュエーションは未上場企業へ出資する時に必ずチェックしなければいけない要素の一つ。

正しく理解しておくようにしましょう。

ファンディーノに投資家登録でアマゾンギフト券1,000円が貰える

日本最大手のファンディーノが4周年記念キャンペーンを行なっています。

投資家登録でamazonギフト券1,000円相当をプレゼント中。

10/30までの期間限定キャンペーンです。

FUNDINNOを今すぐチェック

RELATED POST
口座開設でアマギフ1,000円分プレゼント中!!
ファンディーノを今すぐチェック
口座開設でアマギフ1,000円分プレゼント中!!
ファンディーノを今すぐチェック