FUNDINNOがキャンペーンを実施中!!

投資家登録で1,000円相当のアマギフ全プレ

イークラウド
企業

【データと評価】テレメディカがFUNDINNOで株式投資型クラウドファンディングを開始!!

テレメディカのアイキャッチ画像

株式会社テレメディカがFUNDINNO(ファンディーノ)で株式投資型クラウドファンディングを実施します。

この記事では開始時のデータをまとめました。

テレメディカを今すぐチェック

株式会社テレメディカの詳細

テレメディカのイメージ画像
会社名 株式会社テレメディカ
代表者氏名 藤木清志
本店所在地 神奈川県横浜市青葉区つつじが丘9番地1
設立日 2012年3月2日
資本金 18,090,000円(2020/8/11現在)
発行済株式総数 252,010株
発行可能株式総数 1,500,000株
時価総額 2.52億円
エンジェル税制 優遇措置B
事業内容 聴診のトレーニングが行えるシステムの提供

株式会社テレメディカは聴診のトレーニングが行えるシステム「聴くゾウ」と、スマートフォンなどで聴診学習が行えるアプリ「オースカレイド」を提供している企業です。

聴くゾウはスピーカー型デバイスで、高度な聴診技術を習得することが可能。

様々な病院で導入されており、トレーニングや試験でも活用されています。

またオースカレイドはスマートフォンのアプリですでにダウンロード数は2,000件を突破。

今後は国内だけでなく海外展開を目指しています。

ビジネスモデル

テレメディカの聴くゾウにおける画像

ビジネスモデルとしては大学や医療機関を顧客としたBtoBです。

マネタイズは聴くゾウの販売、そしてオースカレイドでの課金です。

聴くゾウは12万円で販売されており、1音は1,200円。

オースカレイドは1症例1,200円で全症例セットを23,000円で販売しています。

株式会社テレメディカの代表取締役

テレメディカのCEO画像

株式会社テレメディカの代表取締役は藤木清志氏です。

経歴は下記の通りです。

生年月日:1965年10月23日

福岡大学薬学部卒業後、山之内製薬(現アステラス製薬)入社

営業担当、学術担当を経たのち、本社マーケティング担当

2010年、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科(MBA)修了

2012年 株式会社テレメディカ創業

2016年6月 かわさき起業家オーディションかわさき起業家賞ほか

同 11月 KSPビジネスイノベーションスクール最優秀賞

同 12年 日本政策金融公庫資本制ローン採択

2018年1月 川崎ものづくりブランド認定

同 4月 中小企業優秀技術・新製品優良賞

同 10月 日本e-Learning大賞、EdTech賞特別賞

その他、ものづくり補助金3年連続採択、横浜市トライアル助成等多数の補助金にも採択

株式投資型クラウドファンディングでのスケジュールやコース

株式投資型クラウドファンディングで資金調達した際の詳細を紹介します。

1回目時

株式会社テレメディカの1回目は普通株式方式での株式投資型クラウドファンディングです。

投資コースは3つとなります。

  • 100,000円コース (2株)
  • 300,000円コース (6株)
  • 500,000円コース (10株)

2回目時

株式会社テレメディカは2回目も普通株式方式での株式投資型クラウドファンディングです。

投資コースは下記から選択が可能です。

  • 100,000円コース (100株)
  • 300,000円コース (300株)
  • 500,000円コース (500株)

申込期間は2020年9月28日〜2020年9月30日です。

エンジェル税制優遇措置Bが適用される予定です。

株式会社テレメディカのECFにおける資金調達額と資金使途

株式会社テレメディカの株式投資型クラウドファンディングにおける実績をまとめました。

1回目

1回目のECFはFUNDINNO(ファンディーノ)で実施しました。

時期 平成31年2月
目標金額 1,500万円
上限金額 5,800万円
出資者数 134人
最終募集額 1,860万円
結果 成功

2回目

株式会社テレメディカの2回目における株式投資型クラウドファンディングの結果は判明しだいこちらに追記します。

時期 令和2年9月
目標金額 1,000万円
上限金額 4,000万円
出資者数 -人
最終募集額 -万円
結果

資金使途がこちらです。

  • システム開発費
  • 人件費
  • 聴くゾウ開発費
  • JCCヘの手数料

株式会社テレメディカに出資している投資家

株式会社テレメディカにはエンジェル投資家が出資しているようです。

株式会社テレメディカのイグジット戦略

テレメディカのマイルストーン画像

株式会社テレメディカは2025年の2月以降に売上高を10.4億円まで伸ばし、その後のIPOを目指しています。

  • 2019年→ 聴くゾウを日本の聴診教育のデファクトスタンダードに
  • 2020年 → 聴くゾウを海外進出
  • 2021年 → オースカレイドの販売拡大
  • 2023年 → AI医学教育システムの投入

KPIは聴くゾウの累計販売台数、アプリパッケージの累計販売数を設定しています。

株式会社テレメディカにおける過去のECF実績

株式会社テレメディカの資金調達実績とバリュエーションをまとめました。

平成31年2月の資金調達

平成31年の2月にFUNDINNO(ファンディーノ)で資金調達が実施しました。

時期 平成31年2月
発行価格 50,000円
資金調達額 1,860万円
発行済株式総数 4,210株
資本金 3,910万円
プレバリュー 2.10億円
ポストバリュー 2.29億円

まとめ

株式会社テレメディカのデータをまとめました。

調達規模
市場規模
業績
ライバル
プロ投資家
チーム力

FUNDINNOを今すぐチェック

ファンディーノに投資家登録でアマゾンギフト券1,000円が貰える

日本最大手のファンディーノが4周年記念キャンペーンを行なっています。

投資家登録でamazonギフト券1,000円相当をプレゼント中。

10/30までの期間限定キャンペーンです。

FUNDINNOを今すぐチェック

RELATED POST
口座開設でアマギフ1,000円分プレゼント中!!
ファンディーノを今すぐチェック
口座開設でアマギフ1,000円分プレゼント中!!
ファンディーノを今すぐチェック